生活保護申請代行業者に依頼することでスムーズに手続きできる

生活保護申請代行を活用すると書類作成がスムーズ

夕日を見る人々

生活保護は、生活が困窮した人が利用できる制度です。単身者であれば毎月10万円前後の給付を受けることができます。具体的な金額は住むエリアや世帯の人数などによって変わりますが、少なくとも最低限の生活ができるだけの給付を受けることが可能です。したがって、どうしても自分で生活ができないほど困窮しているという方は、国の制度である生活保護を活用しましょう。生活保護を受給する前に生活保護申請をしなくてはなりませんが、生活保護申請代行を利用すれば、制度に詳しい士業の方が代行してくれます。主に行政書士が生活保護申請代行サービスをやっており、全国どこの方でも対応してくれるところも少なくありませんので、利用しやすいです。また、申請が却下された場合は費用を返還してくれるところもあるので、無駄にしたくない場合は返還してくれる生活保護申請代行を利用すると良いでしょう。申請書類は福祉事務所に提出しますが、その後2週間で通常は審査がなされます。最大30日以内の範囲で審査は延長できるので、法的には少なくとも1か月以内に結果が出ることになります。これで審査に通った場合は、生活保護が開始されて毎月定まった金額の給付を受けられるようになります。

TOP